薬学生インタビュー

薬学生インタビュー1

薬学生 インタビュー

卒業を目前にした薬学部6年生の 山田まさよさん
12月5日にお話をうかがいました。

・・・卒業間近でお忙しいですか?

はい、今は卒業研究のまとめと 来年2月にある国家試験の勉強で、ほんとうに忙しい毎日です。

・・・国家試験の勉強はたいへんですか?

とてもたいへんです。700ページの参考書が9冊もあり、ほとんど暗記しなければならないことばかりです。

・・・卒業研究のテーマはなんですか?

糖尿病をテーマにしています。学べば学ぶほど、糖尿病の怖さを感じます。
これから、多くの患者さまのお役に立つことができれば、と一生懸命研究しています。

・・・薬学部をめざしたきっかけはなんですか?

実は、私は第一希望は医学部でした。薬学部には、そういう学生はけっこういます。
薬学部で5年6年と学ぶうちに、今では薬理作用などを学ぶ中で薬の専門家として医師にもアドバイスできるような深い知識を持ちたいと思うようになりました。

・・・大学では勉強の他にどんなことにうちこみましたか?

私は、ダンス部に所属していました。部活は3年生までですが、今でも勉強のあいま、昼休みなどに体育館で踊って運動不足の解消をしています。ダンス部では親友も多くでき、大学生活がより楽しくなったと思います。

・・・好きな音楽や映画などはありますか?

洋楽が好きで良く聴いています。カラオケで歌うのも大好きです。
韓国の少女時代の歌も好きです。韓国語はまったくわかりませんが、歌は歌えます。
映画では、『君の名は』にすごく感動しました。

・・・就職活動はどのようにされましたか?

私は、将来の進路を決めかねていたため、就職活動のスタートが遅く、10月になってから就職活動を始めました。
卒業研究だけでも忙しく、国家試験の勉強もしなければならない。
さらに就職活動に時間を割くのは困難な状況でした。
そのような事情から、私の場合は、ファルマスタッフさんに登録してお世話をしてもらいました。すぐに連絡があり、親身になってこちらの希望を聞いてくださり、行き届いたサポートをしていただきました。貴重で具体的なアドバイスもたくさんいただくことができ、たいへん助かりました。
その結果、希望通りパートの調剤薬局に決まりました。こちらの希望をすべて許容してくれるありがたいところを見つけていただくことができて感謝しています。

・・・ファルマスタッフさんのサポートは行き届いていましたか?

たいへん丁寧で親切です。少しでも困ったことがあれば、すぐに相談することができ、内定後の書類提出の際にも細かい点までアドバイスいただきました。