コラム

新型コロナ「タバコで重症化」は明確

やっぱり「タバコで重症化」新型コロナのリスク因子を医師が警告

タバコは明らかな毒であり、呼吸器にも大きなダメージを与えるのは明らか。

新型コロナウィルスに対しても同様。

日本においては、タバコ会社の圧力が強いため、
事実が隠されていることが多い。

タバコは悪と明確に位置づけられている諸外国とは報道態勢も異なっている。

タバコのCMが許されている時点で、日本のタバコにおける後進国的位置づけは否定のしようがない。

メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』著者で群星沖縄臨床研修センターのセンター長である医師の徳田安春先生は、パンデミック初期にあった「喫煙者は重症化しにくい」という報告を改めて検証。タバコが呼吸器系統にダメージを与え免疫力を低下させるメカニズムを解説するとともに、報告の元となったデータにあった「落とし穴」を指摘しています。MAGNEWS

タバコには強い毒性があり呼吸器組織にダメージを与える

このことは、若いころに喫煙者だった人にも後遺症として残る。

スポンサーリンク

タバコ毒により肺胞が破壊される。
気管支に炎症が起こり、淡がたまりやすくなると慢性気管支炎。これは、慢性閉塞性肺疾患であり、風邪にかかったり、ましてや肺炎を併発した場合には、他の患者にくらべて命とりになりやすくなる。

タバコは免疫力を低下させる

タバコ毒により免疫細胞が死滅し、ウィルスや細菌にかかりやすくなる。

タバコを吸っている人はインフルエンザにかかりやすい。

また、タバコに含まれる発がん物質によって肺の細胞のDNAが傷つき、肺がんにもかかりやすくなる。

喫煙者は免疫細胞が少ないため、がん細胞を排除する力が弱く、がんは進行しやすい。

こうした事実はマスコミがひた隠すのは、タバコ会社による大きな圧力のためだ。
人の健康よりは目の前の一部の人に入る金が横行する社会ということ。

日本は、タバコ会社の力が非常に強い国であり、国民にとっては大きな不幸を抱えていることを知る人は少ない。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ