医学生みほのブログ

奈良医大でも医大生が新型コロナ感染、同学年110人が2週間の登校禁止!

世界と比較すれば、日本の新型コロナウィルスへの感染拡大は緩やかなほうですが、
それでもなかなか、完全にはおさまりませんね。

病院はもちろん、医学部でも対応はぴりぴりしています。

三重大学医学部に続いて、
今度は奈良県立医科大学(橿原市)でも医大生の感染が確認されました。

20代男子学生2人とのことです。

同学年110人は2週間登校禁止!

2人は別の学生数んと一緒に、15日に大阪市内で食事をし、
16日にゴルフ、友人宅に宿泊。
うち1人は17日の朝から倦怠感があったものの、
大学の授業に出て、
教員1人と学生5人とともに、
静脈から血液を摂取する実習をしていたそうです。

大学側は、措置として、同じ学年の学生約110人を2週間の登校禁止に!

濃厚接触者の特定が進められているそうです。

スポンサーリンク

附属病院への立ち入り禁止

このような状況にあって、
みほの大学でも付属病院への学生の立ち入りが禁止されています。

実習などで学びたいことが多い中、
たいへんな不自由を感じます。

きちんと医学が学べないのはつらいことです。

でも、学外でさまざまな活動をしてしまう若い学生から、
患者さんへの感染があったらたいへんなこと!

大学側の心配ももっともで、このような措置は悲しいですが納得はしています。

1日も早く日常が戻ることを願いながら、
毎日できることをやっています。

医学部の勉強はたいへんですが、楽しい毎日。
図書館は24時間あいているので、毎晩遅くまで勉強してから帰ります。

早く現場で皆様のお役に立てるようにとがんばっています。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ