みほの薬学生ブログ

なんだか眼がへん まさかの網膜剥離

薬学部 眼飛蚊症がひどくてなんだか眼がへんです。実習が始まったばかりなのに。
土日もやっているイオンの中にある眼科に行ってきました。
すると。まさかの網膜剥離。
月曜にすぐに大きな病院に行くように言われました。運動はしないようにとも。

実習始まったばかりなのに。ショックです。

さっそく、このあたりでは有名な眼科に紹介状を持って行ってきました。やはり網膜剥離とのこと。明日はもう手術となりました。こんなことになってしまうなんて。実習はどうなるのか心配です。

手術の際の部分麻酔は怖くて無理なので、全身麻酔でお願いしました。この全身麻酔の副作用で、手術後とても気分が悪く数日つらい日を過ごしました。部分麻酔で白内障の手術をした隣のベッドの方はぴんぴんしているのに、私は気分が悪くて頭痛と吐き気に悩まされました。術後の薬もいちいち気になってしまいます。抗菌薬と抗炎症薬が処方されました。頭痛がひどいので鎮痛剤ももらいました。

スポンサーリンク

入院は5日間。退院するころには気分の悪さも治りました。
この病院は朝が非常に早くて5時起床、5時半にはもう院長の回診が始まります。回診といっても、検査器具のある診察室にみんな集まるのですが。手術をしてくださった医師が若くて背が高くてイケメンでしかも優しくて素敵な先生でした。

気になっていた実習のほうは2週間のお休みをいただくことができました。ただ、通勤(?)に使っていたミニバイクには震動が良くないので乗ってはいけないと言われました。

2週間のお休みをいただいた後、病院実習が再開となりました。まだ眼帯をしたままです。あまり激しい運動をしてはいけないとのこと。とくに、飛んだりはねたりがだめだということです。

病院の方々は、とても気を遣って優しくしてくださいました。ありがたい限りです。回診のような歩きまわることの多い業務は避けて、なるべくデスクワークでこなせるようなメニューにしてくださいました。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ