コラム

院外処方なぜ始まったの?

医師と薬剤師がそれぞれ専門的な立場から、より安全で効果的な医療を提供することを目的に、施行されました。これにより、下記のような流れができました。
 ①病院および診療所・・・医師が薬の処方箋を発行する
     ↓
 ②薬局・・・処方された薬を調剤する
現在では、ほぼこの医薬分業の流れが確率されています。

◆メリット

お薬の飲み合わせのチェックができる

複数の医療機関からお薬が処方されている場合でも、同じ薬局で調剤してもらうことで、お薬の飲み合わせに問題がある薬が出ていないかをチェックできます。また、別の医療機関から同じような内容の薬が重複している場合もあります。その場合、同じ内容のお薬を必要量の倍も服用してしまうような危険もあります。そういった危険を回避するためにも有効な制度です。また、薬局を複数利用する場合も、おくすり手帳を活用することで、同様のチェックができ、より安全にお薬を使用することができます。

服用薬への関心がたかまる

患者自身が処方箋を持って調剤薬局を訪れることになりますので、患者が自分の眼で処方箋を見ることができ、自分が服用している薬について知ることができ、服用薬への意識がたかまることになります。医師からだけでなく、薬剤師から詳しく説明を聞くことでお薬に対する理解が深まり、より安全かつ適切にお薬が使用できるようになります。

スポンサーリンク

無駄な処方が減る

行政としても患者さんとしても無駄なお薬の処方が減るという効果が出てきています。患者さんの出費軽減やや税金の無駄遣いを減らすことができるわけです。

病院業務が軽減できる

病院としては院外処方箋を発行して処方箋料をもらい、実際の処方は調剤薬局に依頼できるため病院業務が軽減できるというメリットもあります。

◆デメリット

病院と薬局の両方に足を運ばなければならない

・患者は、病院診療所などで診察を受けた後、移動して薬局にも行かなければなりません。そのため、ただでさえ具合が悪いところ、よけいな手間がかかることになり面倒になったというデメリットがあります。こうした点も改善策がいろいろと考えられてきています。最近では、病院のすぐ外に薬局が作られているところが多くあります。こうした薬局は門前薬局と呼ばれ、すぐ近くの病院診療所の処方箋を主として扱っています。もちろん、他の医院の処方箋も扱いますが、お薬の在庫の種類が限られていることもあり、近くの医院でよく出されるお薬以外の在庫がないとうこともあります。

病院と薬局の両方で同じことを繰り返し説明しなければならない

患者が支払う医療費の合計額がかさむ

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ