薬剤師の仕事

薬剤師の年収

薬剤師の平均年収:590万円

職場により、薬剤師の年収や昇給状況は大きく異なります。

一般的に病院薬剤師の給与は低め、ドラッグストアは高めといわれています。地方では新卒に年収600万円という高額給与を払うところもあります。

病院薬剤師の初任給は20~25万円程度、年収は300~350万円ほど。国公立病院勤務の場合には、私立病院よりも年収は高いといわれています。また、薬局長などの役職がつけば、給与も高くなります。年齢による昇給が大きいのが病院薬剤師です。

調剤薬局では、初任給22~30万円程度で、年収350~400万円ほど。管理薬剤師になれば、年収は500~600万円ほどとなります。地方のほうが人員不足のため、年収は高いのが実情です。パート時給も地方のほうが高く、ところによっては5000円のところもあります。
ドラッグストアでは、月25~35万円程度、年収は350~400万とされています。中には勤務時間が長い、あるいは夜遅くまでの勤務があるなどの事情もあり、初任給で50万近くになるところもあります。ただ、勤務条件や仕事内容はハードであることを覚悟しなければなりません。

スポンサーリンク

地方の調剤薬局では現状、人員不足による新卒確保のため、内定が出てから奨学金が支給になるところもあります。ただ、こういった情報は公にはされません。例えば、ある調剤薬局では、内定が決まってから卒業まで毎月10万円が奨学金として支給されます。もし、途中で他の企業などに就職が決まり内定を辞退した場合には、その時点で奨学金がストップとなりこれまで支給された奨学金の半額の5万円/月を返さなければなりません。半分の5万円/月については返却の義務はありません。

MRは高給ですが、かなりのプレッシャーがあり時間的な制約も大きくなります。

2017年度 新卒内定給与 実例

2017年3月卒の薬学部学生の実際の内定給与例の調査結果です。

Aさん:調剤薬局 パート内定 年収3,669,000円
 週36時間(パートのため残業なし)
 給与 21.95万円/月
 賞与 4.5か月
 住宅手当て 1.5万円/月
 健康保険加入
 詳細は下記のとおり

薬剤師 年収
スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ