コラム

医療費控除に役立つセルフメディケーション税制ってなに?

2017年1月からセルフメディケーション税制(セルメ税制)がスタート

これは、ドラッグストアなどで購入したスイッチOTC医薬品のうち、特定の成分を含んだ対象商品が医療費控除の対象になるという画期的な制度です。賢く使いこなせば節約に役立てることができます。

メリットがあるのはどんな人?

セルフメディケーション税制の恩恵が受けられると期待されているのは次のような人たちです。これまで、少々のことでは病院に行かない、あるいは時間がなくて病院に行きにくい、いわば働き盛りの方々などです。こうした方々は医療費で10万円を超えることは少ないので、医療費控除の対象にはなりませんでした。そのような方々にもセルフメディケーション税制は利用しやすく恩恵を受けやすいと思われます。生計をともにする家族の分も合算して申告することができます。
ただし、健康診断や予防接種などを受けていないと対象になりませんので、日ごろから健康診断を受けるなど自身の健康管理をすることから始めましょう。

セルフメディケーション税制を上手に使うために

STEP1 買う

この制度の対象となる製品はスイッチOTC医薬品です。対象商品のパッケージには次のようなマークが入ります。
セルフメディケーション税制
◆スイッチOTC医薬品とは◆
医療用からスイッチ(転用)された市販医薬品のこと。安全性が高く、医療用と同じ成分で効き目が期待できる薬品です。スイッチから一定の年数を経過すると第2類医薬品に移行します。

スポンサーリンク

STEP2 レシートを保管する

セルフメディケーション税制の対象となるレシートや領収書がないと控除は受けられません。必要事項は下記の5点です。
①販売店名
②購入日
③商品名
④金額
⑤当該商品がセルメ税制対象であることが明記されている

◆注意!明細が印字されないレシートや手書きの領収書の場合には、商品名や税制対象商品であることを記入する必要があります。

 

STEP3 申告する

生計をともにする家族の分12000円を超えた合計金額が所得から控除されます。還付申告は翌年の1月1日から5年間可能です。ただし医療費控除とは同時にできないので、どちらかを選ぶ必要があり注意が必要です。下限額との差額が大きいほうで申告しましょう。

◆注意!健診や予防接種を受けていない人は申告ができません!

セルフメディケーション税制は、予防や健康管理、自己治療を推進していくための支援制度です。ですから、確定申告をする人が健康の維持増進や疾病予防への取り組みを行っていることが条件となります。具体的には特定健康診査、予防接種、定期健康診断、がん検診などを受けていることを証明しなければ申告しても控除を受けることができません。

なぜセルフメディケーション税制が施行されるの?

セルフメディケーション税制はわたしたちの元気を応援してくれる税制です。2013年から「国民の健康寿命が延伸する社会」が国の医療政策のテーマのひとつとなりました。予防や未病改善、自己治療などの保険に頼らない取り組みを国が支援する目的で施行されることになりました。

従来は治療のためにかかった医療費の合計が10万円を超えた場合のみ控除されていましたが、セルフメディケーション税制では、スイッチOTC医薬品の年間購入額が12000円を超えると控除が適用されます。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ