コラム

調剤過誤

薬剤師会における用語定義について
日本薬剤師会
本会では、平成13年4月に作成した「薬局・薬剤師のための調剤事故防止
マニュアル」において「調剤ミス」、「調剤過誤」、「調剤事故」の用語を定義し
ていたが、この度これを改め、以下のように定義することとする。

○ 調剤事故

医療事故の一類型。調剤に関連して、患者に健康被害が発生したもの。薬剤
師の過失の有無を問わない。

スポンサーリンク
○ 調剤過誤

調剤事故の中で、薬剤師の過失により起こったもの。調剤の間違いだけでな
く、薬剤師の説明不足や指導内容の間違い等により健康被害が発生した場合も、
「薬剤師に過失がある」と考えられ、「調剤過誤」となる。

○ インシデント事例(ヒヤリ・ハット事例)

患者に健康被害が発生することはなかったが、“ヒヤリ”としたり、“ハッ”
とした出来事。患者への薬剤交付前か交付後か、患者が服用に至る前か後かは
問わない。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ