薬剤師転職

私の転職体験

薬剤師 転職 体験
私は新卒で、病院へ就職して約10年間勤めました。
仕事内容は多岐にわたり、内服・注射調剤・監査・投薬、製剤、在庫管理、服薬指導、病棟医薬品管理、医薬品情報、製剤、治験業務、血液管理、当直勤務などを経験しました。途中で結婚をして通勤時間が2時間と長時間になってしまいましたが、しばらくはがんばって働いていました。仕事にやりがいを感じていたからです。

でもやはり無理がたたったのか、しだいに体調を崩すようになり、心残りではありましたが思い切って退職しました。しばらく専業主婦として家庭にこもっていましたが、せっかく薬剤師の免許を持っているのにもったいないと思うようになり、再就職を決意しました。

でも、経験のある病院勤務はフルタイムの勤務形態がほとんどで私には時間的・体力的に負担が大きすぎます。そこで時間的に自由のききそうな調剤薬局のパートを探すことにしました。近所の調剤薬局に求人の紙が貼ってないかと歩き回ったり、新聞の折り込み広告を探してみましたが、なかなか見つかりません。薬剤師の友人に相談したところ、薬剤師用の転職サイトがあることを教えてもらい転職サイトに登録してみることにしました。

スポンサーリンク

登録するとすぐ、1時間後には転職サイトの方から電話がかかってきました。とても感じが良くて、親身に話を聞いてくださり、登録するまでのさまざまな不安がふっとびました。学歴、職歴、希望条件などをお話しました。
希望条件は、家のできるだけ近く・午後のみ・土日祝日なし・年収103万円以下 です。午前勤務にしようかと迷いましたが、午前は競争率が高いのではと敬遠してしまいました。子供もいないし夫の帰りも遅いということもあってけっきょく午後の希望を出してみました。ただ、夫の休みに合わせて土日祝日はお休みしたいとお願いしました。

それから3日ほどで、希望にあった薬局を一つ紹介していただき、一週間後には面接をしていただいて即採用となりました。あまりにとんとん拍子に話しがすすみ、驚くほどでした。その結果、家から5分、平日週2日の午後勤務が決まりました。調剤薬局での仕事内容は調剤・監査・投薬のみとシンプルですが、患者さんとより近く接することができ、病院とは違ったやりがいを感じることができます。なにより、家事や趣味などの自分の時間も確保できるようになりました。自分にあった働き方で、仕事とプライベートのバランスを取ることができるようになり満足しています。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ