薬剤師転職

診療所薬剤師の仕事 就職する際のポイントは?

診療所薬剤師の仕事が病院薬剤師と異なるのは、どのような点でしょうか。就職の際にも気になりますね。

まず「診療所」とはどういうところかを確認してみます。

<診療所とは>
診療所とは、医師または歯科医師が、公衆または特定多数人のため医療または歯科医業を行う場所であって、患者を入院させるための施設を有しないものまたは19人以下の患者を入院させるための施設を有するものをいう。

つまり、「診療所」とは入院設備がないか、入院設備があってもベッド数は19床以下の医療施設のことです。

小規模であるがゆえに、診療所での薬剤師の仕事は、病院薬剤師とは異なる苦労もあります。

ひとり何役もこなす診療所の薬剤師

施設の規模が小さいので、薬剤師の人数も少ないのが診療所の特徴です。そのため、病院では分業されている仕事を、診療所薬剤師の場合にはひとりでこなさなければなりません。薬剤師がしなければならない仕事には、下記のようなものがあります。

  • 薬の購入および管理
  • 処方された薬の調剤
  • 服薬指導(薬の服用方法や副作用・注意すべき点などを患者さんに説明する)
  • 薬の最新情報の収集

処方監査と薬剤調整の工夫

調剤作業の中には監査という項目があり、ひとり薬剤師でない場合には、複数の薬剤師の目で複数回間違いがないことを確認することができます。しかし、診療所の場合には、複数薬剤師が配置されていることも多く、その場合は監査までひとりの薬剤師で行わなければならなくなります。ですから、各診療所では、調剤ミスを防ぐための工夫をして間違いが起きないような工夫をしています。

服薬指導

診療所のメリットとしては医師・看護師・患者さんの人数が少ないことから、診療所内でのコミュニケーションが取りやすいという点が挙げられます。

・医師が記載したカルテから患者さんの状態や検査値を確認しやすい
・看護師から患者さんの状態を細かく聞くことが容易

・より深く患者さんの状態を把握して服薬指導することができる
・「薬剤管理指導業務」を確実に行える

<薬剤師管理指導業務とは>

薬剤師が入院患者さんんと面談して薬の効果をチェックし、患者さんの検査値などから副作用の発現防止や早期発見などに努め、共有すべき情報を医師や看護師にフィードバックすること

医薬品の在庫管理

診療所は規模が小さいため、支出の中で薬の購入費の占める割合が大きくなります。そのため、薬の在庫管理をしっかりすることは、経営上の重要ポイントとなります。

スポンサーリンク

薬の最新情報の収集

他の同僚からの刺激がないため、ともすれば現状のままの知識で毎日が過ごしていき、気づけば何年も新しい知識を取り入れる場に顔を出していない、ということもあり得ます。

最新情報は出入りの薬屋さんからもある程度は得られるでしょう。
でも、それも自ら積極的な興味を示さなければ、忙しい業務が続く毎日、ルーティーンのような作業に終始していってしまう恐れがあります。

雑誌やセミナー、勉強会などで自ら最新知識を得ようとする姿勢が、薬剤師として時代遅れになってしまわないために重要になってきます。職場と相談して、定期的に勉強に出かけることのできる条件を取り付けておくのが良いでしょう。

例えばファルマスタッフのような大手派遣会社からの派遣という形態の場合には、派遣会社主催の勉強会に参加できますが、派遣の場合は任期が短いため、居心地のよい診療所薬剤師を正社員として長く続けた場合には、自分から積極的に最新情報を取り入れようとする行動が必須となります。あえて何もしなくて、毎日の業務はこなせていくでしょうが、せっかくの専門職の薬剤師。やはり、いつも学ぶ姿勢を持ち続けたいですね。


まとめ

このように見てくると、新卒でいきなり診療所勤務というのは難しいのではないかとわかりますね。
何も知らない新卒が、たったひとりで運営していくことはおそらく不可能。

いろいろ教わりながら一人前になっていきたい時期に、教えてくれる先輩がいないのですから、現実的に無理ですね。

すると、診療所の薬剤師というのは、おそらく転職組がほとんどということ。

あらゆるところに目配りをして、自分で仕切れるタイプの人が診療所薬剤師にむいていそうです。

調剤薬局のひとり薬剤師と異なるのは、医師や患者さん、ときにはご家族の方とのコミュニケーションをとりながらの仕事になる点です。その点、調剤薬局の仕事が単調と感じる方にはむいていると言えます。

診療所薬剤師を候補として考えるなら、勤務地の通勤事情やお給料、実際に見学や面接をした職場の雰囲気なども考慮して、自分のタイプにあうと思う方には、良い職場になりそうです。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ