薬剤師転職

病院薬剤師の仕事とやりがい 専門薬剤師も必要とされる

病院薬剤師には、病院特有の仕事がたくさんあります。
単なる調剤業務のみならず、幅広い内容に従事し、
患者さんとの接点も多く、変化に富む点で、
薬剤師としてのやりがいを感じる職場です。

では、病院薬剤師の仕事についてみてみましょう。

病院薬剤師の仕事

病院における薬剤師の仕事は、
各病院によって、たいへん異なっています。

必ず行われているのは調剤業務で、
調剤業務だけが薬剤師の仕事だと考えられている現場もまだまだ少なくありません。

しかし、薬の種類は増え続けており、医療は複雑化して、薬の配合禁忌などの問題も起こりやすくなっています。
そのため、薬剤師が表立って関わる機会は増えており、薬剤師を有効に活用する動きも多くの病院で取り入れ始めています。

薬剤師の活躍の場が準備されている場合、
病院では、どのような薬剤師の仕事があるのか確認してみます。

調剤業務

調剤業務は、薬剤師の仕事の基本ともいえるものです。
病院薬剤師も、もちろん調剤業務に携わります。

病院薬剤師の場合、外来患者さんにお薬をお渡しする場合と、
入院患者さんの調剤をする場合があります。

製剤業務

病院の場合、院内で製剤をすることがあります。
基本的に病院内で調製し、その病院内で使用します。

調製される製剤は、内服剤の場合もあれば、注射剤の場合もあります。
院内製剤の調剤には、薬剤師の幅広い薬学的知識と技術が必要とされます。

注射調剤業務

注射薬は、効果が強く、急性期の患者さんに使用されることが多いものです。
薬剤師は、処方箋をもとに、患者さんお一人お一人のために、いわばオーダーメイドのお薬を調剤していきます。

チェック項目はたくさんあります。
・患者さんの年齢、体重、体温、食事摂取状況
・薬の配合禁忌の有無
・投与量
・投与速度
・投与期間

配合禁忌や相互作用のチェックには、コンピューターを使用するなど、機械化が進んでいます。

注射薬混合調剤業務

注射薬混合調剤業務とは、点滴中の患者さんの点滴の中に、注射薬を混ぜる業務のことです。

多くの病院では、看護師の仕事となっていますが、大病院では薬剤師が行っているところもあります。

スポンサーリンク

点滴にお薬を混ぜることは、即効性があり、効果も期待できるものです。けれどもそれだけに、安全性には気を遣う必要があります。衛生管理についても徹底しなければなりません。そのため、まだまだ不十分ではありますが、薬の専門家である薬剤師の仕事として認知する傾向にあります。

救命救急業務

救命救急の場でも、薬剤師の役割は重要です。
医師や看護師とともに取り組むチーム医療の一環を担います。

病院によって、薬剤師を介さずに、行っている病院がまだまだ多いのですが、チーム医療の一環に薬剤師が関わる度合いは増えています。

迅速な対応が求められる搬送直後の初期治療に際して、お薬の選択や投与量・投与方法などに薬剤師が確認して調剤します。
患者さんが入院後も、薬物治療を適切に提供できるように、医薬品の管理を徹底して、医師の指示のもとに患者さんにお薬を届けます。

専門薬剤師への期待

病院において、
・患者さんのこの症状にどの薬を選ぶべきか
・その病院で扱っている薬の範囲で、適用できる薬は何があるか
などを調べる際に、薬剤師に相談するのが基本です。

これまでは医師が、薬の選択・決定を行うケースが多くありましたが、
薬の多様化・複雑化が進み、専門家である薬剤師の存在意義がしっかり認められるようになってきました。

さらに、薬物療法は進歩を続けており、より専門性が求められるようになってきています。

そこで、薬物の専門家である薬剤師の、さらなる専門性が求められ、「専門薬剤師」という制度が生まれました。

「専門薬剤師」とは、
ある薬物療法の分野で臨床経験を積み、関連学会の認定を受けて、
その分野でのスペシャリストになる制度です。
認定されるためには、薬剤師自身による論文投稿なども必要です。

その分野は多岐にわたっています。

・がん
・褥瘡
・輸液栄養
・糖尿病
・緩和医療
・抗菌化学療法感染制御
・精神科学
・妊婦授乳
・漢方医療
などなど

薬剤師として期待される場面が多くなり、やりがいという点では仕事の方向として魅力があります。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ