薬剤師転職

MRの悩み MRからの転職は? やめたくなる原因は?

高給で知られるMR。
でも、仕事がハードでストレスが多い、という印象を持たれる方が多いのではないでしょうか。

ここでは、MRの悩みと転職について考えてみます。

MRの現状は

薬剤師が携わるMRとは、製薬会社の営業職で、お薬を医師に営業するお仕事です。

営業職なので、成果がものを言います。
成果があがれば報酬はアップ。
成果がなければ減給、という厳しさです。

さらには、医師への売り込みというプレッシャーもあります。

薬のことは医者より薬剤師のほうが詳しい。
もしそれが新薬ならなおのこと。

わかってはいても、医師免許の前には薬剤師免許はかすんでしまいます。

他にも多くのストレスがかかる仕事のため、長く続ける割合が少ないの現実です。
30代になると、転職を考えるMRが多くなります。

私の先輩でも数年間MRを勤めて、転職をした例があります。
奥様も先輩ですが、
「MRはやめたの。」
と嬉しそうに言われたのが印象的でした。

MRとして医師のご機嫌取りをしなければならない毎日がつらかったそうです。

MRは営業成績によっても格差が出てくる

なぜ30代で転職を考えるMRが多くなるのか。
それは、就職後がむしゃらに働いてきて、ふと周りをみると、格差が生じていることに気づくのも1因です。

同じエリアを淡々を担当し、地域の病院の先生方から信頼を得られるようになり、それなりにやりがいを感じ始める者もいます。

けれども、少し目を転じると、大病院を担当させてもらえるようになったり、あるいは本社勤務に栄転している同期も出てきます。すると、自分のキャリアとの違いにあせりを感じてしまうんですね。

そこに、毎日のストレスが重なる場合には、転職したほうがよいのでは、という悩みに発展しがちです。

スポンサーリンク

MRからの転職を考えるなら30代後半よりは30代前半で

もし、転職を考えるなら30代前半と後半では、就職しやすさが異なります。
30代後半より30代前半のほうが転職には有利です。
もし、転職しようかどうしようかという悩みがあるのでしたら、早めにじっくり考えて行動することをおすすめします。

MRからのどんな職種に転職して成功するのか?

MRの仕事のハードさに転職を考える人は少なくありません。

薬剤師免許を持っていれば、
他の薬局業務などに従事することが、もちろん可能です。

けれども、中にはせっかく培った人脈や営業スキルを活かす業種に就き、成功を納めている方もいらっしゃいます。

MRからの転職先の多くは下記の通り。

薬剤師(調剤薬局、ドラッグストアなど)

医療機器関連メーカーの営業職

臨床開発系メーカー

医療系人材サービス

コンサルタント

転職の際には、転職エージェント
を使うのは必須。
ただ、それぞれに得意分野がありますので、希望にあったエージェントを選ぶことが成功への道です。

転職を成功させるため<目的別>転職サイト比較 それぞれの特徴は?

転職を成功させて、やりがいのある人間らしいゆとりのある人生を手に入れてください。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ