薬剤師転職

薬剤師転職で高収入を得る

薬剤師免許を持つ者としては、
できるだけ高収入を得たいと考えるのはもっとなことです。

薬剤師の職種は大きく分けた場合、4つに分けることができます。

調剤薬局
ドラッグストア
病院
企業

収入だけを考えた場合、一般的に
病院薬剤師は低め、
ドラッグストアは高め、
企業はハードワークだが高め、

と言われています。

けれども、給与は仕事内容や勤務状況、やりがいとも関わってくるものです。
それぞれの仕事内容と平均的給与について考察してみます。

調剤薬局の仕事内容と給与

薬剤師の最も多くの人数が就任しているのが調剤薬局の薬剤師です。
現在も、人手は足りているとは言えない状況で、
とくに短期の派遣薬剤師などは高級で知られます。

年収の幅は大きく、300万~750万 とされています。
管理職になった場合には1,000万の大台にのる高給取りの薬剤師も存在します。管理薬剤師には、マンションの勧誘電話が多いなど、世間一般的にも高級取りであると認識されています。また、地方のほうが薬剤師の数が不足していることが多いため、給与は高めになっています。

調剤薬局薬剤師の仕事内容

調剤薬局の主な業務は、患者さんが持ち込む処方箋にしたがって調剤、監査、服薬指導を行うことです。

ただ、具体的な内容は、総合病院の門前か、単科のクリニックの門前か、
あるいは大手チェーン調剤薬局に勤務しているか、
地元の個人薬局への勤務か、
などによってさまざまとなります。

また、最近ではかかりつけ薬局としての機能や
在宅医療サービスへの取り組み、
地域の健康管理の担い手としての業務、
など仕事内容も多様化が進んでいます。

患者さんとのコミュニケーションスキルも求められます。

このように仕事内容にも差が大きいため、給与の幅も大きくなっているのです。

ドラッグストア薬剤師の仕事内容と給与

薬剤師転職 ドラッグストア薬剤師の給与

ドラッグストアの給与の水準は高めです。500万~800万ほどとされています。
初任給のお給料で50万を受け取る人がいると言われるほどです。
ただし、それには夜遅くの勤務手当が含まれているため、というような事情があります。

また、店長あるいはエリアマネージャー、さらには幹部になっていくなど出世街道を走っていけば、当然給与も高くなっていきます。

専門的な薬の知識としては、市販薬について主にOTC医薬品についての知識が求められます。OTC医薬品の知識は日常で使われるお薬ですので、OTC医薬品の知識に詳しくなることは、日常の生活の中で役立つことも多いと言えます。身近な人から感謝されることも多いでしょう。ただし、薬以外にことにかかわらなければならない部分も多く、そのことが苦痛な人には向きません。

スポンサーリンク

ドラッグストアには調剤部門をあわせ持つところと、調剤部門が完全に切り離されている店舗があります。調剤部門が切り離されている店舗では、さらにその傾向が強くなります。

ただ、売り上げを上げるために工夫をしたり、結果が出れば評価されるなど、調剤一筋の薬剤師とはまた違った側面でやりがいを見出すことが可能です。

ドラッグストアで働く薬剤師の悩み 昇給 休みが取りにくい 人間関係

企業薬剤師の仕事内容と給与

一番給与が高いと思われるのが企業です。
平均年収 700万~1,200万と高水準とされています。

企業といっても、仕事内容は研究職から営業職までさまざまです。

いずれも大手であることがほとんどで、資金も潤沢であることが多く、
福利厚生などにも恵まれています。

営業、研究、それぞれに自分にとってやりがいがあるものなら、定年まで勤めあげることもできて、退職金まで考えれば、大きな生涯収入を得ることができそうです。

薬学部1~2年で病院・企業・薬局の見学をします

病院薬剤師の仕事内容と給与

薬剤師転職 病院薬剤師の給与

病院薬剤師の給与は、400万~800万とされていて、薬剤師の中で低いのほうになります。

けれども、薬剤師としての専門性は高く、尊敬を持ってみられることもあり、人気のある職場です。
新卒で就職するにも、狭き門である場合もあり、万一中途募集がかかっても、すぐに埋まってしまいます。

ひとくちに病院薬剤師といっても、病院の規模によって仕事内容も異なってきます。

大病院の場合には、夜勤もあり、病棟薬剤業務に追われることもあります。
ただ、病院によっては、チーム医療の1員として薬剤師が関わることができ、やりがいを感じることができるところもあり、そのような病院が増えてきていることは確かです。医師や看護師などとのチームワークも重要になります。また、患者さんと直接コミュニケーションをとる機会も出てきます。

反対に、薬剤師は個室で黙々と調剤するだけ、というようなところもいまだにあるようです。

どのような病院に就職するかにより、やりがいにおいては、大きな差が出てくることは否めません。

給与は低くても、薬剤師としての実力が必要とされる、学びの場が多いなどの理由で人気の高い病院薬剤師。
何を選ぶかは、個人の価値観によるところとなります。

高収入な職場への転職を成功させるためには?

それぞれの職種の特性と平均的な給与を知って、
納得のできる転職を考えてみましょう。

短期間の高給を狙うなら、派遣薬剤師が高収入です。

でも、自分の求めるものがそれだけではない場合には、転職エージェントの人とよく相談して、多くの知恵を出してもらい決めていくのが良いでしょう。



スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ