薬剤師転職

薬剤師のパートは扶養内だと年収いくらまでOK?その注意点は

みなさまこんにちは。
薬剤師のみほです。

ママ薬剤師さんが、扶養の範囲でアルバイトしようかな、と思うとき、いくらまでなら扶養をはずれないのかというのはたいへん重要な点ですね。

みほ

私も、将来結婚して子供を保育園に預けながら働くことになったら、パートをすることになるかもしれない。そうなったとき、薬剤師は時給が高いので簡単に扶養範囲を超えてしまって、かえって手取りが減るという中途半端な事態が起こってしまうかも、と心配なの。

そこで、
ママ薬剤師さんが不要範囲で働くときにポイントとなる収入の壁は?
パート薬剤師さんが損をしないための働き方ってどうすればいいの?

ということについて調べてみました。

・夫が納税者として家計の主たる収入者
・妻がパートなどの収入を得ている(給与所得者である)

こういった状況のママ薬剤師さんであることを前提として、わかりやすくご説明します。

「103万円の壁」所得税

年間の給与収入が103万円を超えると所得税の負担が発生します。

この内訳は下記のとおり。
・基礎控除38万円
・65万円の給与所得控除

103万円(給与所得)-65万円(給与所得控除)-38万円(基礎控除)=0(所得税)

103万円を超えたところから、所得税が発生してきます。

社会保険の加入義務条件の変更「106万円の壁」


2016年10月から、社会保険に関して、新たに「106万円の壁」というものができました。

<社会保険料とは>
・国民健康保険
・厚生年金
・雇用保険
・労災保険 など

501人以上の従業員がいる企業に勤務する場合に対象になります。もし、町の小さな調剤薬局などへの就職ではなく、大企業への就職となる場合、以下の条件を満たすと、社会保険加入の義務が発生しますので、確認しておきましょう。

<社会保険加入の義務条件「106万円の壁」>

①週20時間以上働いている
②1ヶ月の決まった収入が88,000円以上(年収106万円)
③雇用期間の見込みが1年以上
④501人以上の従業員のいる企業
※500人以下であっても社会保険への加入が労使で合意されている企業も含まれる
⑤学生ではないこと

これら5つの条件を満たすパート薬剤師は、勤務先の社会保険に加入しなければなりません。したがって、自分のお給料の中から社会保険料を支払わなくてはいけなくなります。

社会保険への加入条件の変更がすすんでいる

・上記の④番※にあたる部分についてですが、2017年4月から、
労使で合意がなされた場合、500名以下の企業も社会保険の対象となり、
適用範囲が拡大されています。

2019年9月30日をめどに「短時間労働者に対する厚生年金保険及び健康保険の適用範囲」についても政府が検討しているとのことで、社会保険加入の基準がさらに広がる可能性も否めません。

「130万円の壁」社会保険の壁

妻の年収が130万円を超えると、
夫の社会保険の「扶養」からはずれます。

妻の年収が130万円を超えると、
・健康保険
・厚生年金保険
の加入義務が生じるとともに、「扶養」から抜けなければならなくなります。

さきほどの106万円の壁との違いは

・106万円の壁は勤務先の社会保険に加入する基準
・130万円の壁は社会保険の扶養から外れる基準

というところにあります。

この社会保険料ですが、
例えば
年収130万の場合 → 保険料は年間約18万円~30万円
となり、いわゆる”働き損”と言われる事態が起こってしまいます。

「150万円の壁」配偶者控除

150万円の壁は配偶者控除に関するものです。

妻の合計所得金額が150万円以下(給与所得)の場合、
夫にかかる所得税が控除されます。

<配偶者控除とは>
配偶者の収入が150万円以下であれば、
収入の多いほう(ここでは夫)に対して減税するという制度

※妻のパート収入が多くなると、夫への税金が増えて家計が総合的にはマイナスになってしまうことがある。また、妻も税金や保険料を払う義務が発生して、働かなかった場合より一家の収入が減ることのないよう壁を越えない働き方をするパートさんが多い。

この制度は2018年から改定され、
「103万円の壁」 → 「150万円の壁」となりました。
↓ 詳しくは、下記の 「150万円の壁」「201万円の壁」の項目をご覧ください。

2018年度から「150万円の壁」「201万円の壁」配偶者特別控除

2018年から金額等が変更された結果、下記のようになりました。

・配偶者控除の年収制限・・103万円 → 150万円に変更

・配偶者特別控除の年収要件・・141万円 → 201万円に変更

この「配偶者特別控除」というのは、収入額に応じて段階的に控除をする制度です。
150万円を超えたら、いきなり控除額がゼロになるのではなく、段階的に控除されていくというものです。

当然、収入が高いほど控除額は低くなり、年間収入201万円を越えた時点でゼロになります。 これが「201万円の壁」となります。

配偶者特別控除は 以前の141万円から201万円にと大きく引き上げられた

以前は141万円までしか受けられなかった配偶者特別控除が、201万円まで受けられるようになった

配偶者特別控除の基準が緩和された

配偶者は「壁」を意識するにあたっては、これまでより長い時間働くことができるようになった

ということになります。

ただし、2018年からの改定では、夫の年収によっても控除額が変更しますので注意して計算しなければなりません。

スポンサーリンク
上記表のように複雑になっていますので、詳しくは国税庁の下記pdfでご確認ください。
平成 30 年分以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱いについて

パート薬剤師として働くときに損をしない働き方は?

みほ

夫や妻の税金の控除や、
社会保険料の支払いが必要になるかどうか、
などなど、家族全体の収入増加になっているという視点から考えないといけないのね。

みほ

パート薬剤師の妻が、どのくらいの程度働けば、
損をしない働き方ができるのかしら?

みほ

できることなら、
たくさん働いたために家族全体の収入が減ってしまうような無駄な働き方はしたくないもの。

パート薬剤師が損をしない働き方をするための要注意ゾーンは?

薬剤師はパートでも高時給のことが多く、
うっかりしていると、扶養の範囲を超えてしまったり、
微妙なボーダーラインの年収となり、
かえって手取りの減ってしまう事態がおこりがちです。

しかも、夫の年収や住民税によっても異なってきます。

要注意ゾーンは、妻の年収が130万円~150万年の間です。

160万を超えれば働くほどお得になる

妻の年収が160万を超えてくると、夫婦それぞれで税金や社会保険料を支払っても、世帯の手取り額は130万円のときより多くなっていきます。そこからは、働けば働くほど手取りは増えて、働き損はなくなります。

さらに妻が扶養に入らず、自分で健康保険料や社会保険料を払うことで得られるメリットがあります。

妻が160万円を超えて働いたときのメリットは

・妻が健康保険に加入することで、万一、病気やケガで休業した場合には傷病手当金が受け取れる
・厚生年金に加入すると、万一のときには障害年金の保障が厚くなり、妻自身の老後の年金も増える

薬剤師のパートで160万超えで働くためには?

みほ

103万以下で働くか
もう少しがんばって160万以上働くか
どちらかにすることで働き損が回避できるということがわかったわ。

みほ

薬剤師のパートで160万の収入を得るためには、
どのくらい働けばいいのかしら?

そのあたりをシュミレーションしてみましょう!

<仮に時給2,150円として考えてみます>

◇103万以下(扶養内)で働く場合
・1日に3.5時間 週に3回 ⇒ 年収:約101万円

◇約160万円(扶養外)で働く場合
・1日に4時間 週に3.5回 ⇒ 年収:約157万円

通常のパートなら、この約2倍の時間働かなければ約160万の年収を得ることができません。薬剤師の免許は、苦労して勉強して得たたいへん価値あるものです。

160万円の年収の場合には、ここから「住民税」「所得税」「社会保険料」の支払いが必要です。さらにもう少しずつがんばって勤務時間を増やしていけば、手取りはその分だけ増えていきます。例えば、下記のように1日に6時間ずつ週に3回働いた場合には、

<時給2,150円として>

◇1日に6時間 週に3回 ⇒ 年収:約180万円

約180万の年収になります。

みほ

薬剤師の場合は時給が高いから、
160万をもう少し超えて、
180万くらいを目指して働いてもよさそうだわ。

みほ

そういえばユウコ先生は、
お子さんを保育園に預けながら、
週に4回、1日6時間ずつの勤務だったわ。

それくらいなら、子供の病気や家の用事で、
ときどきお休みをいただくことになっても
働き損にはならず、子育てと両立してやっていけそうね。

まとめ

こうしてみてくると、薬剤師がパートをして損をしないようにするには

・103万以下で扶養に入る
・160万以上働いて扶養からはずれる

のどちらかの選択を迫られることになります。

時給の薬剤師なら、将来のリスクやライフプランの変化にも対応できるように、年収の「壁」を超えて働くことを選んでも良さそうな気がします。もちろん、子供との時間を大切にしたいママ薬剤師さんが、週に3回、1日3時間ほどの勤務で、時間的にゆとりある生活を選ぶという選択肢もありです。ただ、薬剤師は時給が高いので、気をつけていないと、すぐに103万円を超えてしまいますのでその点だけはご注意くださいね。

上記のようなシュミレーションを、各自の価値観にのっとった働き方を選ぶときのご参考にしていただければ、と思います。

あわせて読みたい
薬剤師のパートと派遣の違いって何? 子育て中のママ薬剤師さんや、扶養範囲内で仕事したい主婦薬剤師さんの多くが、パート薬剤師として働いています。 薬剤師の免許を持っ...
あわせて読みたい
ママ薬剤師のお悩みまとめ 就活 お金 保育園 職場環境や条件こんにちは。 薬剤師のみほです。 私が調剤薬局に勤務しているとき、 先輩薬剤師で素敵なママ薬剤師さんにユウコ先生という方がいら...
スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ