新人薬剤師みほの奮闘記

先発医薬品からジェネリックへ変更できるのは? 変更調剤のルール|処方・調剤の疑問|

みなさま、こんにちは。
新人薬剤師のみほです。

先発医薬品の処方からジェネリック医薬品への投薬に変更する場合には、
さまざまなパターンがあります。

先発医薬品からジェネリック医薬品への変更

医師がどのような処方箋を出しているかによって、
ジェネリックへの変更可能かどうかが変わってきます。
下記にわかりやすくまとめてみました。

ドクターが先発医薬品名・変更不可と書いた場合

→先発医薬品しか処方できない

ドクターが先発医薬品名を書いてきたが、変更不可となっていない場合

→患者の希望により、先発医薬品・ジェネリックどちらも処方できる

ドクターが商品名でなく、一般名で処方してきた場合

→患者の希望で、先発医薬品・ジェネリックどちらでも処方できる

ドクターがジェネリックの商品名を書いて処方してきた場合

→先発医薬品の処方はできない
患者が先発医薬品を希望した場合には、ドクターの指示を確認する必要がある

→ドクターが処方したものとは、別のジェネリック薬を処方することは可能

ジェネリック医薬品に変更する際に注意すべき点

国としては、なるべくジェネリック医薬品を使用してもらいたいと考えていますから、薬剤師がジェネリック医薬品への変更できるようなポイントがいくつか設定されています。

スポンサーリンク

ただ、むやみに変更することはできませんし、
患者さんへの確認を怠ってもいけません。

さらに、膨大な種類のお薬をご準備する都合上、
在庫の有無、というのも現実問題となってきます。
近隣の薬局にも聞いてまわったが、どうしても先発医薬品が手配できない場合、
患者さんへジェネリック医薬品への変更をお願いする、
とうい事態も実際には起こりえます。

いくつかの点について考えてみます。

病院としては、一般名での処方のほうが点数が高く収益になる

病院側の収益としては、
個々のお薬を限定して処方するよりは、
一般名での処方のほうが点数が高くなっています。

一般名の場合には、同じ効能の薬の中から薬剤師判断で選ぶことが可能です。
薬局側も、ジェネリック医薬品を選択したほうが収益が高くなりますし、患者さんの負担も少ないので、効能が同じなら患者さんにジェネリック医薬品をおすすめする、という流れになります。

注意しなければならない例

■ドクターがうっかり、あるいはジェネリック医薬品と先発医薬品の処方についての意識が希薄な場合、
一般名・変更不可の指示をしてくることがあります。

→これは、そもそも薬の指定がされていないので、無理な処方です。
→ドクターに「どうしますか?」という問い合わせをしなければなりません。疑義紹介です。
→ドクターに確認し、指示をあおいで処方をします。

■また、ジェネリック医薬品の処方がされているものを先発医薬品に変更したいと患者が言った場合にも、ドクターの指示が必要となり、疑義紹介をします。

■具体的な質問事例をいくつか挙げましたので、
掲示板の質問も参考にしてください。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ