みほの薬学生ブログ

薬剤師国家試験 直前の勉強方法 模試126点からの合格体験

2月に薬剤師国家試験を控える薬学生の方には、
いよいよ追い込みとなる12月も末となりました。

これまでの模試で合格ラインに達している方もそうでない方も、
それぞれに不安とあせりが出てくる時期かと思います。

今から2か月。
これだけやれば合格ラインへ突っ走れる勉強方法をご紹介します。

薬学ゼミナールの授業をたいせつに復習をしっかりと

1月になると、たいていの大学が薬学ゼミナールの講師に依頼して
学内で薬学ゼミナールが開催されます。

大学で、国家試験対策のプロフェッショナル講師による出前授業を受けることができるというわけです。これを活用しない手はありません。いえ、活用することが合格への近道です。

この時期に開催される講義は合格へのエッセンスが詰まった内容になっています。
とにかく授業の復習をしっかりとしましょう。
復習が重要です。
講義の内容を確実に自分のものにする気概を持ちましょう。

スポンサーリンク

「領域別問題集」を使い倒す

青本を読みこむのはタブー

時間の限られたこの時期、
やってはいけないのは、青本を読みこむことです。

青本は内容が多すぎてポイントが絞りにくいため、
この時期に必死になるべきではありません。
青本をじっくりやっても、短期間で飛躍的に特点は伸ばせません。

領域別問題集をしっかりやることがたいせつです。
そして、青本は辞書的に使いましょう。
領域別問題集を解いていて、分かりにくい点があったら、
その部分を青本でじっくりと読むというやり方です。

あるいは、問題を解く作業に疲れてきたら、
ときどきぱらぱらとめくってみたりするのはいいことです。

青本の章末問題はやらない

青本の章末問題を一生懸命やっても、
短期間で得点を伸ばす勉強にはなりません。

これは、私の実体験からのアドバイスです。

さらには、周りの友人たちの勉強方法と模試の得点との相関関係からも言えることです。

◇友人
 第一回模試の結果 :129点
  ↓
 第二回模試の結果 :150点
  ↓
 第三回模試の結果 :240点(第二回模試以降領域別問題集に取り組んだ)

◇みほ(第一回模試はほぼノー勉で参加・その反省に基づき第二回までは「領域別問題集」を必死で勉強)
  ↓
 第一回模試 :126点 
  ↓
 第二回模試 :183点
  ↓
 第三回模試 :206点(第二回模試以降、青本中心の勉強して点数が伸びなかった)

「領域別問題集」がいかに効率的かがわかっていただけると思います。

「領域別問題集」には、過去6年分から良く出る良問を選んで載せてあります。ポイントを絞って、無駄なく問題が絞り込まれています。
したがって、「領域別問題集」に載っている内容から確実にしていくことが効率的であると言えるのです。

青本に固執して取り組んでいると、限界がきます。
効率が悪すぎます。

「領域別問題集」の次はさらに過去4年分の過去問を解く

「領域別問題集」が完璧になった方でまだ時間にゆとりがあれば、
さらに過去4年分の過去問題集をアマゾンなどで購入して解きましょう。

薬ゼミの追加講座はどうする?

薬ゼミでは、さまざまな講座が用意されています。
その中でも絶対に受講したほうが良いおすすめ講座はこちらです。
他の講座は必要ありません。

スポンサーリンク

薬ゼミの直前対策はかなりおすすめ

この講座で、薬剤師国家試験で出題される問題にヤマをかけて解説をしてくれます。

薬ゼミのヤマかけ検討会はぜひ参加しましょう。

この講座で解説してくれる問題の的中率はすごいのです。
口コミでも有名になっているので、すぐに満席になってしまいます。
講座オープンしたら、すぐに申し込みましょう。

前々日は、この講座の内容だけに集中して勉強しましょう。

講習会情報一覧

薬剤師国家試験1か月前にやるべきこと!

あわせて読みたい
薬剤師国家試験対策 勉強法 効率的にhttp://miho.party/y/2937.html 効率的な勉強法 薬剤師国家試験の勉強を振り返って、効率的な勉強法につ...
あわせて読みたい
薬剤師国家試験の自己採点223点は不合格か 全部で345問もある薬剤師国家試験の合格点は225点。 試験終了後は、誰もがすぐに薬ナビサイトで自己採点をして予想点を出します...
スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ