新人薬剤師みほの奮闘記

薬剤師の就職先【製薬会社・病院・薬局・ドラッグストア】

こんにちは。
新米薬剤師のみほです。

先日、久しぶりに実家に帰り、
ずいぶん遅くなったのですが、
祖父母に初めてお給料で私からごちそうしたんです。

祖父も祖母も、それはそれは喜んでくれました。
良かった。
実家に一泊して、帰りは大学の研究室に寄って恩師や後輩たちに会ってきました。
後輩たちから就職についての話題がでました。

ここで、薬剤師の就職先について、
あらためてまとめてみます。

薬剤師の主な就職先

薬剤師の就職先は大きく分けて次の4つ。

① 製薬会社

② 病院

③ 薬局

④ ドラッグストア

それぞれについて見てみましょう。

薬剤師の就職先として 製薬会社

MR(医薬品営業)

以前はプロパーと呼ばれていましたが、
現在はMRと呼ばれるのが、製薬会社の営業職です。

◇業務内容は

医師への薬の営業ですが、医師へ薬の説明などをしなければならないため、薬学部の卒業生が採用されます。
営業職の中では、かなりの高給です。
やり手のMRの場合、1000万を超える収入を得る者もいます。

けれども、医者相手の営業で、たいへんストレスが多いとも言われています。
医者のご機嫌取りをしなければならないというイメージも未だ払拭しきれていません。
時間的・精神的にハードな職場です。

研究職・開発職

研究職・開発職はともに人気も高く、狭き門です。

<研究職>
新薬の研究をする。

<開発職>
新薬の効果効能・安全性の確認をする。

上記のように、研究職と開発職は異なります。開発職の場合、自社開発の薬について行う場合もありますが、他社開発の薬の安全確認をする場合もあります。治験コーディネーターとしての仕事です。

研究職の給与は高く、年収800万という高級になることもあります。これは、薬剤師の平均年収より高い額です。

けれども、この職は難関であるだけでなく、他学部出身の学生とも就職を競いあわなければなりません。また、大学院で研究を学んでいることが当然とみなされています。

研究が自分にあっていると思える薬学生がこの職を希望する場合、大学院でしっかりと研究しておくことが必須です。できれば、学生のうちに成果を出して学会発表を経験するなどの努力が望ましいところです。

薬剤師の就職先として 病院

研究・開発職に次いで人気の高いのが病院です。
ドラッグスト薬局に比べて、ハードルが高いのも研究開発職と病院。

薬剤師の暗黙のランク付けとして、ドラッグストア薬局のほうが下にくるようです。

ただし、かなりの激務のことが多く、それにも関わらず給与は低めです。

薬学の豊富な知識を活かせる職場として、やりがいがあるという点で人気でもあり、
薬剤師のプライドもある程度満足できる職場です。

医師・看護師・患者・理学療法士などその他のスタッフ
などとともに、チームで医療に関わることができるのも魅力です。

医療の流れが良くわかり、薬剤師としての自己の立ち位置も明確になります。

関わる科も広く、たいへん勉強になるためやりがいを感じることも多いようです。
ただし、もちろんのこと、こうしたことは病院によって異なります。

スポンサーリンク

調剤薬局勤務と変わらず、ただ処方箋通りの処方をするだけの病院もあります。

薬剤師の就職先 調剤薬局

薬剤師が、最も多く従事しているのがこちらの調剤薬局の仕事。

世間のイメージにある薬剤師のイメージも、
この調剤にあるかと思います。

◇最近の傾向

調剤薬局は対面での仕事となるため、
最近ではコミュニケーションスキルが重視されるようになってきました。

投薬・患者さんへの説明、その後の薬歴記入など、
一連の流れに沿って、仕事を完結しなければなりません。

◇調剤薬局のお給料は?

調剤薬局のお給料は高め。
ただ、個々の格差はかなりありますので、
高給狙いの場合は、しっかりした調査が必要。

でも、自分で調べるのはかなりたいへんなので、
給与についてしっかり調査したいのなら、
便利な転職サイトを利用するほうが賢い方法です。

自分の条件にあった職場を探すのも、
他の職場に比較すると探しやすいのが特徴です。

例えば、子育て中のママで短時間勤務がしたい、
短期間に高級な派遣の仕事をこなしてお金が貯まったら海外を旅する、
など、その人にあった働き方を選択しやすい職場でもあります。

一般的には薬学部をもつ大学がある都会のほうが人員が豊富なため時給が安く、地方にいくほど人が足りないので、時給がたいへん高くなる傾向にあります。

また、個人薬局ではお給料がたいへん高いところもあります。大手のほうが福利厚生が充実していますので、そのあたりの条件を考慮して選択するようにしなければなりません。

◇調剤薬局での転職では、経験はたいへん重視されます。

薬剤師の就職先 ドラッグストア

◇ドラッグストアは給与が高め

ドラッグストアは就職しやすく給与も高めというのが特徴です。

それでもドラッグストアを敬遠する薬剤師の声としては、

・薬剤業務以外の雑用が多い(レジ打ち・品出し等)
・深夜まで勤務が及ぶ職場も多い
・OTC薬品には詳しくなるが、その他の薬剤師としてスキルアップにつながりにくい
・利益率の高い薬の販売などをしなければならない

というようなものがあります。

これらはドラッグストアという業態の必然性と言えます。

◇OTC薬品に詳しくなる

けれども、良いこともたくさんあります。
ドラッグストアの仕事に魅力を見出す薬剤師も大勢います。

・単調な調剤業務だけでなく、身体を動かしていろいろな仕事をするので変化があって楽しい
・OTC薬品に詳しくなるので、家族の少々の病気や怪我に対応しやすい。
・OTC薬品に詳しくなるので、家族から薬のことを聞かれたときに明確な回答ができる。

さらに、ビジネスにも興味のある薬剤師の場合には、
たいへんやりがいが見いだせるようです。

自分のやり方次第で店舗の売り上げをアップさせたりすることに面白さを感じるタイプの方でしたら、薬剤師として免許を活かしながら経営も学び、繁盛店に盛り上げていく経営の醍醐味を味わうことができそうです。

薬剤師免許を生かしたビジネス展開です。
ドラッグストアで腕を振るう、
あるいは将来の開業に向けて修行をする、
ということが可能なのです。

調剤併設型のドラッグストアは人気

大手チェーンの場合でも、所によっては併設の調剤薬局の業務とドラッグストアの業務の両方の仕事をするところもあります。

調剤薬局の併設の場合でも、調剤薬局の薬剤師はドラッグストアの仕事をしないところが多いようですが、中には両方の仕事を任される場合もあります。

こうしたところで働くと、仕事内容のバリエーションも多く、しかもドラッグストア勤務のわりには、レジ打ち・品出しなどの業務に携わることも少なく、やりがいも感じられます。ただし、勤務内容は店舗によって千差万別ですので、事前にしっかり確認する必要があります。

けれども、新卒として大手ドラッグストアに就職する場合には、勤務先を選ぶことは困難です。ある程度経験を積んでから、転職を考える、あるいはパートを探すときの参考だと考えてください。

まとめ

まだ学生のうちは、薬剤師の書く職場のイメージがつきにくいかもしれません。

積極的に先輩方の話を聞いたり、キャリアコンサルタントから、現状の説明を受けて、就職先を決めるようにしましょう。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ