新人薬剤師みほの奮闘記

薬剤師おすすめ 血糖値のあがらない手づくりのチョコのお菓子


今日は、私がふだんから自分用に作って食べている、血糖値もあがらない、インスリンも分泌されないチョコプリンをご紹介しますね。

私は、大学で糖尿病について研究してきました。糖尿病について勉強すればするほど、糖尿病って、なんて怖い病気なのかと思い知らされてきました。

自分が糖尿病の家系なので、ふだんの食事にも、人より気を遣っています。

若い人の糖尿病患者さまも多く目にしてきました。こんなに怖い病気なのに、危機感がなくて、見ているこちらのほうが恐ろしくなってくるほどの患者さまもいらっしゃいました。

確かに、甘いものはおいしいですね。
実は私も大のチョコレート好き。
カカオが好きなんです。
とくに、疲れた時はチョコレート食べたくなりますね。

血糖値をあげないチョコプリンづくり 材料

そこで、調べましたよ。

純ココアに、カロリー0の甘味料を混ぜてチョコレートを作りたい。どの甘味料を選べば完璧か。

血糖値をあげない甘味料

まずは、ネットでいろいろ調べました。

でも、かなりいい加減な記事が多くありました。信ぴょう性のある記事が少なくて驚きました。

例えば、マルチトール と マルト―ス はまったく異なるものなのに、言葉そのものを取り違えて解説していたりします。

そこで薬剤師の私は、英語の論文を引いてきて読みました。大学の時に学んだことが役に立ちますね。そもそも、大学の勉強というのは、こうした研究の仕方、ものの調べ方を勉強するところだな、と実感しています。

甘味料エリスリトール

英語の論文まで読んで調べた結果、優れた甘味料は エリスリトール だという結論に達しました。

エリスリトールは
血糖値上昇 0
インスリン分泌 0
植物由来

というわけで、甘味料はエリスリトールを使用することに決めました。

※市販の人工甘味料で カロリー0 として成分にエリストリールと記載しているものが多々あります。けれども、中にはエリストリールは、ほんの少ししか含まれず、他の甘味料が多く含まれている場合もあります。

エリストリールは、少々高価なんですね。

購入する際には、エリストリール100%のものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

材料は他に純ココア ゼラチン 豆腐

チョコプリンの材料

・エリスリトール

・純ココア

・ゼラチン・豆腐

純ココア

純ココアには、炭水化物が少々含まれていますが少しなので目をつぶります。

ゼラチン・豆腐

今回のチョコプリンは、純ココアに甘味料のエリスリトールを加えて、ゼラチンで固めます。豆腐も加えます。

ゼラチンにはコラーゲンがたっぷり含まれていて美容にもいいんです。骨もじょうぶにしてくれます。しかも、コラーゲンは、口から摂取して吸収されます。おすすめ食品ですね。

※巷に出まわる健康食品の中には、実際には口からの摂取では吸収ができないものもありますので、健康食品を選ぶ際には、しっかり見極めて選ぶようにしましょう

血糖値をあげないチョコプリンの作り方

こちらクックパットに出ていた豆腐ココアプリンの作り方です。
https://cookpad.com/recipe/1870362#cookpad

この材料の中の砂糖を パルスイート → エリスリトール に変更すればOKです。

簡単にできておいしくて血糖値にも安心なので、カカオ好きの私は、週に何度も作っています。

ちなみにナッツ類は、血糖値をあげにくい食品です。
私は、おやつに時々食べています。

低糖質おから蒸しパンは朝ごはんにもおすすめ

それでは、薬剤師みほおすすめのおから蒸しパンもご紹介しますね。

こちらもクックパットで見つけたメニュー。

https://cookpad.com/recipe/4378660

電子レンジでとっても簡単にできるので、私は学生時代から毎日のように朝ごはんとして作っています。低カロリーでおいしくて気に入っています。

もちろん、ここのお砂糖はエリスリトールに変更して作ります。

最近では、お弁当として持っていくこともあります。

血糖値をあげない料理やお菓子

今日ご紹介した チョコプリン いかがでしたか。
他に血糖値もインスリンもあげない嬉しいメニューを見つけたら、またご紹介しますね。

http://miho.party/y/2017/06/21/post-2524/

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ