患者さまあるある

【薬剤師と医師の説明が違う】どっちを信用すればいいの?

調剤薬局 病院

貧血のため受診→調剤薬局で薬をいただく

40代の女性です。

先日会社の健康診断で貧血で引っかかり、近くのかかりつけ医で治療を始め、鉄分補給の錠剤と胃薬を服用することになりました。

医師からのお薬の説明は

医師からのお薬の説明では、昔は鉄剤を服用した前後にお茶やコーヒーといったカフェインを含むものは摂取できなかったが、今は気にせず飲んでよいとのことでした。

薬剤師さんのお薬の説明では

ところがそのすぐ後、薬局でお薬をいただく時に薬剤師さんから、カフェインを含む飲み物の摂取は控えるように言われました。また鉄分補給の錠剤を飲んで、気持ち悪くなることもあるので気持ち悪くなった時にはすぐに連絡してほしいとも言われました。

スポンサーリンク

医師と薬剤師【どちらが正しかったのかな?】

つい先ほどの医師の説明とは真逆の内容です。たいへん戸惑いましたが、カフェインをとらないにこしたことはないだろうと、薬剤師の注意にしたがって薬を飲むときにはカフェインを控えることにしました。3か月ほど通院し、血液検査の結果が落ち着いたので治療は終わり、薬の服用も通院もしなくてよいという医師の診断が出て、ホッとしたのを覚えています。

けっきょくのところ、カフェインを控える必要があったのかどうか未だわかりません。私の場合は、とらないにこしたことはないという対処ができましたが、もっと深刻な場面で医師と薬剤師の説明が異なると患者さんも不安になるのではという思いが残った体験でした。

 

***************************************

 

 

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ