薬剤師国家試験

薬剤師国家試験に落ちて国試浪人中の就活はどうすればいいの?

薬剤師国家試験 浪人 就活
この春、卒業は無事にできましたが、今年の薬剤師国家試験に落ちてしまった萱野くん。

もちろん、来年の国試に向けて猛勉強を始めています。
でも、世の新卒は就職活動の真っ最中。

国試の勉強と並行して、就活もしなければいけないのだろうかと悩んでいます。

昨年内定をもらった就職先も、薬剤師国家試験に落ちてしまったことで白紙となってしまいました。また、同じことを繰り返しては企業にも迷惑をかけるし、自分としても落ち込みから立ち直れなくなるのでは、と悩んでいます。

しかし、就職活動をしなければ、万が一、いえ絶対に受かりたいですが、国家試験に通っても就職先がないということになったらどうしようかと、また悩みます。

薬剤師国家試験 再受験者の合格率は現役より下がる

ここで、冷静に現実を見つめてみましょう。
再受験者の合格率はどうなっているのでしょうか。

実は、6年制の新卒の合格率が70%ほどなのに対して、既卒の6年制の合格率は、なんと40%~50%あまりと、非常に差が大きいのです。6年制新卒の合格率のほうが圧倒的に高く、6年制既卒の合格率は非常に低くなります。

ということは、もし、就職活動をしても、今現在の身分では、企業としても危ない橋を渡りたくはないですから、合格率の高い新卒をとるか、あるいはすでに免許を取得しているベテランをとるかとなってしまうのは当然のことです。

現実として、1年目にがんばりきれなかった人は、浪人してもやはりだめな場合が多いということを、このパーセンテージから読み取ることができます。

そのようなわけで、薬学部既卒の国家試験浪人は就職先から敬遠されるということです。

既卒者が薬剤師国家試験の合格後に就活しても間に合うの?

調剤薬局やドラッグストアへの就職はほぼ1年中可能

実際に国家試験に合格さえすれば、調剤薬局やドラッグストアでの就職に困ることがないのが現状です。

これから数年は、まだ薬剤師の引く手あまた状態は続くと予想されます。

病院や公務員への応募は難しい

就職希望先が病院や公務員などの場合には、国家試験取得見込みということで応募が可能ですが、これは新卒が想定されています。既卒の国試浪人の場合には、もともと人事が対象として考えていないと言っても間違いありません。

病院や公務員の場合、100%ではありませんが、新卒に試験をして採用というパターンが多いのが事実です。

スポンサーリンク

国試浪人で応募して採用される確率は非常に低いと考えられます。また、国試が終了した後、結果が良かったから応募しようと思っても、その時期に募集はほぼないと思われます。

国試浪人生としては、国試の勉強に全力を注ぐべし

薬剤師 国家試験 国試 がり勉 合格 浪人
結論としては、とにかく必死に勉強をして国試に合格することが第一です。

就活に時間を割かずに、ひたすら合格目指してがんばることです。

もちろん、薬局やドラッグストアなどで、薬剤師免許を持たずにできるバイトがあるのでしたら、バイトをするのはその限りではありません。薬剤師国家試験合格の暁には、バイト先が採用をしてくれる確率は低くないでしょう。

とにもかくにも国試に通ること。
その後は、いくつかの就職サイトに登録して就職を探せば、
就職先が見つからないというケースは稀です。

がんばってください。

勉強の方法 就職サイトは、下記のページで応援しています。

薬剤師国家試験対策 勉強法 効率的に

転職を成功させるため<目的別>転職サイト比較 それぞれの特徴は?

薬学生の就活 就職活動

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ