薬剤師転職

正規社員以外での薬剤師の働き方

薬剤師 在宅ワーク 派遣 パート 
会社に雇われる正規の社員としてではなく、薬剤師が働くには、どのような形態があるのでしょうか。
主な働き方としては、下記のような形態があげられます。

パート薬剤師として

派遣薬剤師として

ダブルワークで

在宅ワークで

フレックスタイムで

パート薬剤師として働く

薬剤師は、女性の割合が多い職業です。そのため、結婚、妊娠、子育て、介護などにより正社員として働き続けることが困難なケースも多くあります。

そういった場合でも、パートとして働ける場が多いのも薬剤師の強みです。

結婚して子育てをしながら、無理のないペースで働くことができるのが、パート薬剤師のメリットです。実際、こういったママ薬剤師さんの数は非常に多くなっています。

派遣薬剤師として働く

あわせて読みたい
薬剤師として派遣で働くメリットとデメリットはこんなにある薬剤師としてキャリアを積んでいき、派遣として働きたいという人が増えています。最大の理由は、「自由な働き方ができる」 「時給が高い」 とい...

ダブルワークで働く

ダブルワークとは、仕事をのかけもちをすること。
2つ以上の職場で働くことです。

例えば、アルバイトやパートのかけもちなど。
もちろん、忙しくなって自分の自由な時間はなくなりますが、がんばって働いて収入をアップしたい薬剤師さんが、2箇所でのアルバイトをすることは往々にしてあるようです。

在宅ワークで働く

薬剤師としての知識や免許を活かしながら、在宅でできる仕事も増えてきました。
具体的には下記のようなものがあります。

昼間はパートで調剤薬局で働き、夜は自宅でライターの仕事をするなど、ダブルワークのひとつの方法として取り組んでいる薬剤師も増加傾向にあります。まだまだ一般的な仕事にはなっていませんが、育児に手がかかり、外に働きに行くのがためらわれる場合にも、良い働き方だと思います。

医療翻訳の仕事


英語が得意な方にはうってつけ。医薬品の添付文書の翻訳など、専門用語が多いので、慣れてくれば取り組みやすい仕事です。

スポンサーリンク

他に、海外の論文を翻訳する、インタビューフォームを翻訳する、などの仕事の依頼もあるようです。

メディカルライターの仕事

インターネットの発達により、メディカルライターの需要はたいへん増えています。

外注サイトでも、薬剤師の仕事の経験談などの募集は多く見受けられます。
もっと、専門的な知識を活かした、医薬品や医療に関気する記事を依頼される場合もあります。

記事を書くことが好きなら、フリーランスのライターとして生計を立てていくことも可能です。

問い合わせ対応の仕事


製薬会社に電話をすると、薬剤師免許の持った人が対応してくれることがあります。
電話応対の仕事のほか、メールでの質問に対して回答をする仕事もあります。

書類作成の仕事

このような在宅ワークの仕事も、人材紹介会社に登録して、仕事の斡旋を受けることができます。

フレックスタイムで働く

フレックスタイム制とは、一定の時間帯の中で、労働者が労働の始めと終わりの時間を自由に決定できる労働時間制の働き方のことです。

働く側にとっては便利です。
求人を検索すると、、薬剤師のフレックス制は確かにありますが、あまり数は多くありません。

あわせて読みたい
転職を成功させるため<目的別>転職サイト比較 それぞれの特徴は? さて、薬剤師としてさまざまな悩みを抱え、 いざ転職へと踏み出すからには、 絶対に転職を成功させたいですね! 転職しよう...
スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ