薬剤師転職

薬剤師の派遣ではどんな働き方ができるの?

薬剤師として派遣で働くといっても、その条件はさまざまです。
具体的に、どんな働き方が選択できるのか、いくつかの例をみてみましょう。

フルタイムの薬剤師派遣

派遣の求人においても、フルタイムの薬剤師は多くの募集があります。
身分は派遣ですが、仕事内容や勤務時間は正社員に近くなります。

企業も、正社員並みに働いてくれる人材を求めているということです。

短期であることを覚悟して、働くときにはしっかり働くということができる場合には、フルタイムは高級でやりがいもあり、一つの職場に縛られることもないので、それなりに魅力があります。

土日休みの薬剤師派遣

土日のみの薬剤師派遣

夜間の薬剤師派遣

ブランク明けでもOkの薬剤師派遣

週1日だけ勤務の薬剤師派遣

週1日だけ働ける仕事というのは、普通の主婦ではなかなか見つけることはできません。

薬剤師の免許を持っているからこそ、そのような働き方も可能なのです。

また、子育ての期間中、まったくリタイアしてしまうのではなく、現場で細いパイプであっても断ち切ってしまうことなく働き続けるということは、常に最新の情報を取り入れておくべき薬剤師にとって、重要なことです。

薬剤師のスポット派遣

スポット派遣とは、別名日雇い派遣ともいわれ、携帯電話ひとつで翌日の仕事を予約し、食いつないでいるようなイメージがあります。

スポンサーリンク

ところが、薬剤師のスポット派遣はさすがにちょっと異なります。
薬剤師の場合には、スポット派遣は時給が高く効率的な働き方なのです。

スポット派遣のメリット

時給が高い

人間関係で悩む必要がない

スポット派遣のデメリット

即戦力が求められる

すぐに次の仕事があるとは限らない

スポット派遣ができる条件

1.60歳以上の人

2.学生(雇用保険の適用を受けていない)

3.副業で働く人(本業の年収500万円以上)

4.主たる生計者でない人(世帯年収500万円以上)

将来正社員になれる薬剤師の派遣 紹介予定薬剤師

将来、正社員あるいは契約社員として働くことを前提に、最初は派遣薬剤師として勤務する 紹介予定派遣という制度があります。

紹介予定派遣 とは、派遣社員として最長6ヶ月勤務し、その後に労働者と派遣先の双方が合意すれば、直接契約を行い正社員や契約社員になれるシステムのことです。

紹介予定派遣は、求人サイトで紹介予定派遣 として探すと見つけることができます。

スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ