みほの薬学生ブログ

薬学生の就活 就職活動

薬学生 就職活動
新卒の学生の就職活動が始まって3か月あまりが過ぎました。
皆様の就職活動の進展はいかがでしょうか。

スポンサーリンク

就職活動サイトに登録して情報を得る

就職活動をする学生は、ほとんどが マイナビ あるいは リクナビ などの就職活動サイトに登録をします。

いざ登録してみると、毎日のように膨大な情報が届き処理しきれないほどとなります。

情報が多いのはありがたいことなのですが、毎日の実験、卒業研究、国試の勉強に追われる薬学生には、これらの情報に目を通すのも負担となってきます。

就職に有利な立場にある薬剤師としての就職。就職のお世話をしてくれるサイトが充実していますから、これを使わない手はありません。

薬剤師転職サイトは新卒案件も扱っている

実は、私は転職サイトと呼ばれるサイトにお世話になりました。まずは、転職サイトを新卒が使えることも知りませんでした。でも、新卒対応もしているとのことで早速登録をしたところ、その対応の行き届いていることに驚きました。

ゆきな

みほは社会人となって一か月が過ぎたけど、仕事はどう?

みほ

まだまだ初めてのことばかりで覚えなければならないことがいっぱい。でも、今まで勉強してきたことが生かせるかと思うと毎日わくわくしてるわ。

ゆきな

後輩たちも、そろそろ就活を始めているころね。

みほ

そうね。たいへんだと思うわ。

ゆきな

みほはどうやって就職活動をしたの?

みほ

私は、進路についてずっと迷っていたから、実際に就活を始めたのは他の人よりだいぶ遅かったから、薬キャリさんにお願いしたの。

ゆきな

いきなり薬キャリさんに頼んだってことね。

みほ

そう。大学院を受けようか就職しようか迷っているうちに、公務員や病院の応募は終わってしまっていたの。でも、ドラッグストアか薬局なら、ほぼ1年中応募があるのよね。

ゆきな

それは、薬剤師の強みね。まだまだ薬剤師の数は足りないのね。

みほ

そうね。でも、卒業研究がとにかく忙しくて、それに国家試験の勉強も人より遅れていたから、就活に時間を割いている余裕がなかったのよ。

ゆきな

薬キャリさんはどうだった?

みほ

薬キャリさんにお願いしてほんとうに良かった。
自分の希望を伝えたら、希望にそったところをいくつか紹介してくれて、すぐに2社と面接をして、より希望にあっていると思ったところに決められたわ。

ゆきな

就職活動を始めてから決まるまでがすごく早いのね。

みほ

そう。薬キャリさんが、たくさんの情報から、私の希望にあうところを探してくれるし、条件などの交渉もしてくれるから、ほんとに助かるのよ。

ゆきな

就職する側の立場にたって考えてくれるのね。

みほ

そうなの。こうしたほうがいいですよ。とか、面接の際の細かい点のアドバイスもしてくれるし、疑問に思ったことも、直接企業に効かなくても、薬キャリさんに聞いてもらえるところもいいわね。

ゆきな

マイナビなんかに登録すると、情報があまりにもたくさん送られてくるから、
自分で吟味したい学生にはいいけど、時間がかかってしまうのよね。
薬キャリさんにお願いすると、とても効率がいいみたいね。

みほ

スポンサーリンク
しかも、無料でサポートしてもらえるんだからありがたいわ。

ゆきな

ほんとうね、国家試験の準備と、卒業研究に追われてあっぷあっぷしている後輩には、
ぜひおすすめしたいわね。

みほ

ほんとに心からおすすめするわよ。
こういったサイトは転職サイトのように思われているかもしれないけど、新卒の就職活動にも、とても親切に対応してくれるから、後輩にはぜったいおすすめするわ。

ゆきな

私も、大学院を修了して就職するときには、ぜひお世話になりたいわ。

効率の良さを求めるなら、薬学生の特権である薬剤師専門の就職・転職サイトを利用するのが、賢い方法です。

転職サイトを新卒の就活で使うのは、効率が良い

このように、効率よく転職サイトを利用できるのは薬学生ならではです。引く手あまたの状態が続いている今、無料で手厚いサービスを行ってくれる新卒対応のこうした就職あっせんサイトを利用して、情報を教えてもらいましょう。

あわせて読みたい
薬学部 新卒生におすすめ 紹介会社の上手な使い方薬剤師の転職活動に紹介会社を使うと良いというのは、よく聞きますね。 こうした紹介会社が、「転職サイト」などと呼ばれることから、すでに薬...

紹介可能な就職先は薬局に限りません。

大手薬局・ドラッグストア希望の薬学生の就職活動

大手の薬局やドラッグストアでは、説明会・見学会を国家試験対策セミナーとかねて開催し人集めをするところが多くあります。

ほとんどが交通費の支給があります。

就職先としてもっとも数が多いのが調剤薬局やドラッグストアです。数が多いため、選びのにもひとつに決めるにも、たいへん悩んでしまいますね。それぞれの薬局、ドラッグストアについて転職サイトの豊富な情報量のお世話になるのは賢い方法です。

病院希望の薬学生の就職活動

病院に関しては、就職活動までに見学会を開いているところが多くあります。

応募する場合は、各病院のHPの募集要項から応募することになります。試験と面接によって内定が決まります。中には、面接のみのところもあります。

ただ、こういった応募状況は、HPを閲覧しただけでは時期すら公開されていない病院も多くなっています。募集要項を取り寄せるなど、問い合わせをしなければ、募集の詳細を知ることができません。たいへん手間がかかります。

病院勤務が決まった友人のひとりは、試験が6月でした。4月にはエントリーをしたそうです。3月4月から準備をしないと手遅れになってしまいます。

そこでおすすめなのが、やはりここでも就職サイトを利用すること。

就職サイトは、たくさんの情報をすでに保有しています。ですから、病院の応募要項も取得しています。自分の希望にあった病院も紹介してくれますし、応募の時期も教えてくれます。

忙しい薬学生の強い味方ですね。

公務員希望の薬学生の就職活動

公務員希望の場合には、一般教養の試験が課せられることが多いので、書店でその種のテキストや問題集を入手して試験に備えなければなりません。

公務員希望の場合は、とにかく早く準備すること

応募時期が早いのも特徴。
ただ、公務員を受ける場合、多数の都道府県市町村に応募することは稀かと思いますので、自分で応募要項を請求すればいいでしょう。HPで情報開示されているところも多くあります。

公務員の採用の決定は夏休み後になる場合が多いので、それまでに滑り止めで調剤薬局などで内定をもらっておく学生もいます。中には、内定が出ると卒業まで奨学金支給をしてくれるところもあります。内定辞退の場合にも、半額は返済不要など、他業種では考えられないほどありがたい待遇のところも少なくありません。奨学金の金額も月に6万など、普通では考えられない金額となっているところもあります。

あわせて読みたい
薬学生が製薬会社に就職するにはみなさま、こんにちは。 薬学部博士課程1年生のゆきなです。 私は、学部の1~2年生のときに製薬会社を見学したことをきっかけに、将...
スポンサーリンク
関連記事
ツールバーへスキップ